深紫外線(UV-C)は何故除菌に使えるのでしょうか?

深紫外線 (UV-C) は微生物の細胞膜と細胞核を貫通できるため、細菌の細胞DNAとRNAの分子構造を破壊することができます。このような働きがあるので、成長型細胞と再生型細胞を死滅させ、除菌効果を果たせるのです。

  深紫外線(UV-C)は人の皮膚や目にダメージを与えてしまうと聞いていますが、それは本当でしょうか?

どんな紫外線でも(例えUV-AやUV-BやUV-Cでも)、人の皮膚が長時間に当たっていると、一般に長時間、太陽の下で太陽光に当たるように、自分の皮膚には日焼けや発炎、発赤というような症状が出てしまうのです。それは自分の皮膚がダメージを受けているからです。さらに悪いことに、皮膚ガンになるリスクも増加してしまいます。

また、目は長時間に紫外線に当たっている場合、目にも発赤、痛み、涙、という症状が出てきますので、

紫外線(UV-C)製品を使用する際に必ず、人の目に直接に照射しないようにご注意ください、

紫外線除菌ライトを使用した後、もし何か体の不具合があれば、医者に診ていただくようお願い申し上げます。

  深紫外線(UV-C)のある特定な波長では一番殺菌に効果があると聞いていますが、その特定の波長数とは?

それは深紫外線(UV-C)の殺菌スペクトルということに関係しており、深紫外線の殺菌スペクトルというのは、微生物の(DNA)もしくは(RNA)が紫外線を吸収する波長数のことである。また、除菌効果があると証明されているのは200nmから300nmの波長域です。紫外線の波長数が265nmであれば、一番微生物のDNAとRNAに吸収されやすいため、その殺菌効果は一番良いと言われています。

  一般に市販されている深紫外線(UV-C)の除菌製品の中では、ランプチューブやLEDランプビーズを使用しているものが二種類ありますが、この両者には何か違いがありますか?

深紫外線(UV-C)ランプチューブとLEDランプビーズは両者とも遠紫外線を使用して滅菌と消毒の機能を実現しています。

また、両者はそれぞれ異なる技術を使用しているため、どのような除菌の環境に適用しているか、その除菌技術の特性により、適用できる使用環境も異なります。

深紫外線ランプチューブは、水銀を真空の石英ランプチューブに注入し、チューブの両端に電撃を与え、電圧差を生じさせることで、ランプは放電できるようになり、深紫外光を発光できるのです。

またチューブ内の蛍光塗料を通して、紫外線の波長を変えたりすることができます。

深紫外線ランプチューブに対し、深紫外線LEDは、固体半導体素子を介して、電力の変換をすることにより、生成した深紫外光線を放射させるのです。尚、波長数は特殊な技術によって調整できます。

一般的に、遠紫外線ランプチューブは高い光出力と大きな光出力面積を持っているため、医療機関、ホテル、学校、レストランなどのような広い屋内空間の除菌に適しています。それに対し、遠紫外線LEDランプビーズは、水銀がなく、エコ的、長い耐用年数の特徴を持ち、されに集中光源の特性も備えているため、食器、マウス、携帯電話、化粧ブラシなどのような小さい物体の表面殺菌に適用しています。