UVengersと日本の旭化成(Asahi Kasei)はMOUを締結して、深紫外線(UV-C)製品を積極的に展開しました。

発売日:2021-03-11

コロナ禍のために、世界的な殺菌製品の需要が高まっています。エトラック傘下のブランドUVengersは、日本の旭化成(Asahi Kasei)が覚書(MoU)に署名しました。殺菌と消毒の効果がある深紫外線(UV-C)を利用して、新たな深紫外線滅菌製品の開発を継続するとともに、市販の携帯型滅菌ランプ、工業用大規模滅菌製品、さまざまな場所に適した室内空気滅菌機を発売します。を次々と発売すると発表しました。

エトラックは、ポータブル滅菌スティックUV1が昨年のQ4に発売されたと述べました。販売市場は主に日本市場であり、ディーラーとの連絡が続いています。今年は大幅な成長が見込まれ、ヨーロッパの総代理店は交渉中です。

また、エトラックは、深紫外線を一般の人々に理解してもらうために、2月26日から3月1日まで台北マタニティ ベビー 展示会に一連のUV-C製品を展示し、「母子殺菌ステーション」を設置しました。公衆がUV1を直接使用します。滅菌スティックは、携帯電話、赤ちゃん、その他の身の回り品を滅菌して、日常生活での深紫外線の適用をよりよく理解します。

(UVengersチームは、現場の人々のためにUV1滅菌スティックの使用について説明およびデモンストレーションしました。)